酒(日本酒) 酒器にこだわる 管理人紹介

珍肴の館

(ちんこうのやかた)

珍肴(ちんこう)とは珍しいおつまみのこと.
日本は魚介類を主に食材にした旨い酒の肴が豊富で、珍肴の宝庫です.
それと合うのが日本酒そして焼酎なのは言うまでもないこと.
ここは、皆さんの家呑みを楽しくする珍肴をご紹介するサイト.

 このエントリーをはてなブックマークに追加
莫久来(ばくらい) 海鼠子(このこ) チャンジャ 唐墨(からすみ) ふぐの白子 ふぐの卵巣の糠漬け 海ぶどう のれそれ 鮑の煮貝 鰹のへそ へしこ うるか イカの沖漬 たたみいわし ゴルゴンゾーラ


その2 海鼠子(このこ)・・・「海鼠」の卵巣

上品で繊細な生命力の素をいただく

海鼠子(このこ)とは、文字通り海鼠(なまこ)の子。ただし卵ではなくて卵巣のことです。

生殖器なので採れる期間が限られ、2月末〜4月中旬の期間しか採れません。それも、なまこ10数kgからせいぜい100g分しかなので、とても貴重な逸品なのです。上品で優しい舌触りはこのわた以上の繊細さ。生命力の粋をいただきましょう。

生で食べるものは「生このこ」といいます。干したもの(逆三角形の形をしています)を「このこ」または「口子(くちこ)」「干口子(ほしくちこ)」と呼ぶことが多いようです。能登半島付近の名産ですが、瀬戸内海沿岸でもつくられています。



楽天市場 からのおすすめ
「生このこ」はビン詰めや缶詰で売られておりそのまま食べます。「くちこ」は軽く炙って手で裂きながらいただきます。

下にある他にも「このこ」を楽天市場で探したい方は、このリンクをクリックしてください

☆本ページはリンクフリーです。 管理者紹介  楽天市場お取寄せランキング